スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌にあるもの。

 昨日から今日にかけて、山梨に旅行に行ってきました。

 そこで、たくさんの美しい風景に出会ってきました。色鮮やかな紅葉を見て、考えていたのが、吹奏楽部や私がやりたい音楽について。

 「私たちの事を知らない人が、私たちの音楽を聴いて、『なんか、いいな。』って思える音楽がしたい。

 って単純なこと。

 技術的に上手な音楽だけが人の心を打つわけでもない。逆に、技術的にまだまだな音楽でも人の心を掴んで離さない音楽はある。

 表現したいコトがあって、それをするための技術がある。よって、練習は技術を身につける為ではない。
 


 となると、、、


 技術があることは当たり前のコトとして、その “表現” を要求されるわけだから、私の教え子はたまったもんじゃないんだろうね、、、


  これが、音絆心の真髄なのかもしれない。。。。


 本気で演りたいから、本気で練習する。



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。