スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調性を整えて奏でる。

 仕事柄、ハンドベルやトーンチャイムを扱うコトが多いんですが、「これは、これ。」として捉えないとどうしても気持ちが悪い時がある。無機質というか、音楽的にどうなの??というか、、、


 これだけで私が何を言いたいか分かるのは教え子くらいだとは思いますが、、、そう調性がないんです。

 「ピアノはどうなんだ!」と言われればそれまでなんですが、ピアノは音の強弱が無限にあるので、気になるコトはほぼないんです。

 例えば、♭が2つの曲はせめてCとFは高め(明るめ)に奏でて欲しいのです。それなのに、Gを明るめに取られると、「?!?!♭が1つの曲???」となるんです。というか、全くの調子っ外れの旋律にしか聴こえないんです。落ち着くところに落ちない?こちら側(聞き手)の想いを乗せられない?

 ということで、昨夜まで楽譜と睨めっこしながら、次の指導の下準備をしていたんです。



 さてと、次は、編曲作業に取り掛かりたいと思います。私の冬休みの醍醐味です。(#^.^#)



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。