スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝飯がっつり。

 やはり、吞まないと、朝飯が美味しい、しかもがっつり食べられる。

 止まった所は、それなりの大きさのホテル。湯沢の駅前のホテルなので、立地は抜群。飯も抜群。だから、言うコトナシ。ってなると、前の晩に宴会等々で飲みすぎたり、食べすぎたりすると勿体ないんです。ww

 バイキング形式の朝飯を死ぬ程食べて、満腹になっていざスキーへ!!!

 同僚10人でのスキー旅行だったんですが、スキー3人にスノボ7人。私は、スノボは出来ないので、勿論、スキー。まぁ~、出来ないってより、やってみたことがないだけですが、スキーで大満足なので、何も文句なし。

 ってことで、人生4度目?あたりのスキーに行ってきました。。。。


 4度目にもなると、それなりに慣れたもので、、、ってボーゲン??あのハの字でしか降りて来れないのですが、、、でもそれでも十分楽しいからいいのです、今回の旅行に合わせて買ったゴーグルを装着し、初級コースをぐるぐる、ぐるぐる。自分のペースで降りてきます。しかも、今回は一回もこけることがなく、雪をかぶることもなく!!!!!


 って、言いたかったのですが、昼食休憩の前、かなり疲れてしまい、棒立ちになった瞬間、スピードとショックを吸収出来ずに、背中からダイブ。。。


 まぁ~、仕方ないですよね。まだまだ初心者ですから、こんなものです。分かってることです。



 お昼は、美味しいピザ。う~~ん、マルゲリータ。


 午後は、、、って、実は、最大のイベントは午後に待っていたのでした、、、




 午後は、ガスってきたのもあり、私自身も散々滑って十分満足したので、あと、一本降りれば、宿に帰って温泉でも、、、って思っていたんです。そしたら、悪魔の一言が、、、


 「じゃ~、一本軽く滑って終わりにしようか、帰り道滑って帰ろう。な~に、ボーゲンさえ出来れば降りて来れるよ。」


 この一言を信じた私がバカだった。そこは、上級者コース。傾斜もそれなりに厳しく、しかも、コースの幅が狭い。

 マジで青ざめました。それなりの方ならば、5~6分あれば滑ってこれるところを、60分掛けて泣きそうになりながら落ちてきました。


 ボーゲンだけ出来れば、降りて来れるってのは真っ赤なウソに近く、全身汗だく、しかも、太ももはパンパン。


 よく無事に帰ってきたと我ながら感心しました。。。死ぬ思いだったんです。





 ホテルに何とか辿りつき、温泉に入って、自分の太ももをモミモミ。


 帰宅の途につくのでありました。



 続く。



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。