スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わず涙してしまいました。

 久し振りに blog に向かい合うことが出来ました。皆様こんばん和。

 今日はさくらの彩吹奏楽団の練習日。(通称「さくら」)

 7人という大人数で合奏をすることができました。
しかもみんな同じ中学校卒業の教え子たちばかり。
先週からずっと楽しみで仕方なく、この日の為にお仕事を頑張ってきました。



 始まりはいつものさくらの雰囲気でした。
ただ一つ違ったことと言えば、今日は新しく加わったメンバーが2人いたこと。
久し振りに聞く教え子の音は、それはそれは響きのある良い音色をしていました。
それぞれ「引退して1ヶ月も経つと、なまる、、、」みたいなことを言ってましたが、
そんなことは全く感じませんでした。

 もちろん、引退する前はもっと上手だったことは間違いないと思うけど、
ちゃんとそこは想像できます。

 本当に良い吹き手になっていました。



 それだけでも嬉しいことだったのですが、、

 今日はタイトルにもあるように思わず涙腺が緩む出来事が。。。。




 それは、いつもの基礎合奏中(3D)に起きました。
いつもの和音練習も終わりに近づく頃、ふと、、、



「私の中で鳴ってる音楽そのものなんだよな、、、」


 と、思ったのがきっかけ。
 自分の目の前には、後ろ髪を引かれる思いで残してきた教え子たち。
その教え子がそれぞれで音楽を学び、自分の元へ帰ってきて音楽を一緒にやっている。



 それぞれの団体で頑張ってきて、その団体の色に染まっているはずなのに、
音絆心 の元に再び集まり、あの時のサウンドを奏でている。



「自分はなんて幸せなんだろう、教え子バンドってこんなに良いものなんだ。。」


ってしみじみ思ってしまった途端、涙が溢れて仕方がありませんでした。
こんな経験初めてでした。

 時を超えて、繋がり合えた瞬間でした。





 やはり私が バカ顧問 なのかもしれません。。。




 今日は、幸せな日になりました。本当にありがとう。

 最高の教え子たちに感謝です。


 久し振りに来てくれた元部長のOさん。

 あなたが、本当に一生懸命吹いてくれたから。

 あなたが、私が教えたことをずっと忘れずにいてくれたから。

 あなたが、ひたむきだったから。

 私は嬉しかった。

 だから、そんなあなたに、心からの「ありがとう。」を贈ります。




 Tp のYさん。

 なかなか思うように吹けてないのは知っています。
 けど、そんなことは私にとってはどうでもいいのです。

 私は知っています。あなたがちゃんと音を寄せているのを。
 あなたが、昔の通りに吹こうとしてくれているのを。

 その気持ちが音になっているからこそ、私はこれからも一緒に音楽をしたいのです。
 これからもどうぞよろしくです。



 初参加のお二方、KさんとIさん。

 今日は私にとって特別な日になりました。
 私は素敵な教え子たちとともに音楽をしていたことを再確認しました。


 なぜかって?それは、あなた達の音の中に「音絆心」を感じたから。。。


 私はあなた達の努力をちゃんと覚えています。
だからこそ、今の音色を作る為にどれだけの練習をしたかが分かります。

 本当に上手くなったね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。